考え無い。

細けえこたあいいんだよ。

書きたい事と書くべき事は違ったりする

ブログの話。

ただただ書きたい事だけを、連連と書いて行こうと決めたのがこのブログ。
おかげで「こんなの読む記事でもないな。」なんて思うことが多いです。

一応他ブログも書いてたりするんですが、やっぱり誰かの役に立ったら良いなという気持ちで書く事が多いです。
嘘です。ただ役に立てばPVにつながるかな?という浅はかな気持ちです。

そんなこんなで一生懸命書いては、読み直して書き直してを繰り返して、何とか何とか記事にしているわけです。

その中でよく思うのは、書きたい事と書くべき事は違うという事。

書きたい事ってやっぱり思った事とか自分の感情になるんですよね。
でも読み手の人は書き手の感情とか正直どうでも良い事が多い。

人間なので、選択が感情によって左右されたり、感情を抜きにすれば選択が容易なのに感情があるが故に選択が困難になったりする事もあるので、そういうのは別。

でもブログの記事を構成を考えて、とりあえず思いつくことをポンポン書いてくとまーーーーーーどうでもいい感情とか感想が多いこと多いこと。

でもこれが不思議とスッキリする。
不満や不安は紙に書け。というアドバイスがありますけど、そのままそれ。

でも「読みやすく」「完結に」「役に立つ(立とうとする)」ように書くと、何ならストレスが溜まる。
でも読み手にとっては読みやすく、有益になりやすい。(もしくはそう感じやすい、受け入れられやすい。)

だからこそ、このブログを作ってみたんですけどね。おかげでこっちのほうが長続きしそうな気がしています。
ネタも特にこだわらないのでネタ探しとか一切しないで「あ、これ書こう」って思ったことを書いてるので随分楽。